剛柔流空手道 同志館
   075-801-2697   doushikan60@gmail.com
トップページ 基本理念 入門案内 支部道場 道場生の皆様
夏の練習会開催

〜ご協力ありがとうございました〜


2022年5月8日に朴原玄会長がご逝去され、その後同志館として初めての大きな行事となりました。「同志館夏の練習会」は本部、スイトピア強化生、亀塾、小倉道場からの参加となり、新型コロナ感染防止の対策を取りながらも、縄跳び競技や団体組手の試合を行い、子供達には思い切り力を発揮できる機会となりました。

基本と体力づくりはとても厳しい練習ですが子供たちは汗だくになって必死についてきてくれました。今年の組手競技は団体戦。初めて試合する子もいましたが、中学生が監督となり、分からない子に教え、組手の練習内容も考えて、それぞれのチームが監督を中心に協力しました。その姿はとても立派で、ひとりひとりが非常にいい試合でした。

前年に続いて縄跳び競技はとても盛り上がりました!縄跳びはどんな競技にも役立ついい練習です。中学生以上の前二重跳びや後ろ二重跳びは当たり前に出来るようになっています。三重跳びも出来る生徒が出て、感嘆の声が上がりました。みんな、できないことをチャレンジするのは良いことですね。できないと思ってあきらめないこと!できるまでやり抜くことが大切です。

子供たちはバスでの移動の時間や休憩時間も楽しんでいました。他の道場生とも仲良くなれて、練習会がとても有意義に終わりました。コロナ禍の中でもしっかりと前向きになれるように審査会や練習会での工夫は必要だと感じています。子供達には対応できる力や何事にも負けない力を身につけて、礼儀と秩序を大切にした武道の精神を重んじ、思いやりの心を育てたいと思います。

今年も役員の皆様のサポートのおかげで開催出来ました。練習会を開催してよかった、と実感しています。また、故朴原会長の前で同志館の行事のご報告が出来ましたことも大切な時間でした。皆様のご理解、ご協力本当にありがとうございました。

 今後も指導者一同、感染防止に努めながら生徒たちの成長を手助けして指導していきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

<小学生団体組手競技会結果>   

優 勝 鎌田、南、田中、山村、三井
準 優 勝  濱頭、十倉和瑚、加藤、小森、十倉維吹
  

<中学生なわとび競技会結果>

優 勝  前二重跳び・二重跳び 合計 加藤真礼
準 優 勝  前二重跳び・二重跳び 合計 野原星花